通訳ガイドアイリスのつれづれ日記 Diary of Iris, a tour guide (E/J) in Kyoto

Iris, a Kyotoite and licensed tour guide writes on the charms of Kyoto and Japan. 京都在住の通訳案内士アイリスが京都の魅力や旅の出会いをお伝えします。

清水寺三重塔。朱色に輝いてお目見え。Three-storied-pagoda of Kiyomizu Temple after the great repair works.

冬の終わり、春雨に洗われる清水寺の三重塔。1年半ぶりに作業の覆いが取り払われました。3月末までに塔の基礎部分も終わるようですよ。
わあ、鮮やかな丹塗りの塔、きれいやわあ!

朱色が鮮やかなのは勿論、再建された当時そのままの極彩色の模様が美しいです。1632年再建、徳川三代将軍家光様にご覧頂きたいわあ!

祇園 白川南通りの白梅さん。フレッシュで上品な良い香りを皆さんでクンクン。

「うちにもこんな時があったんどすえ。」by 愛りす、ってそれは勿論ジョークです。
素敵な芸妓さんになって下さいね。
  1. 2015/02/27(金) 12:29:18|
  2. kyoto city east
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫織庵 京のじゅばん&町家の美術館 Shiori-an, private museum where you can see the genuine Kyoto-style 'Machiya' house and its garden in central Kyoto.

ガイドのお仲間の見学に同行させて頂きました。いつもながらお客様のリクエストにズバリ直球のご用意をされ、爪のあか、頂きとおおす。
I had an opportunity to visit 'Shiori-an', where it is still used as kimono wholesaler's office and shop. It is worth to see.

紫織庵とはこちらのお茶室のお名前から。入り口に可愛いお出迎え。
The museum's name 'Shiori-an' is from their tea room.

お茶室の天井の美しい事。竹のお国ですね。Look at the beautiful ceiling made of bamboo.

真冬なのに何て青々と美しいお庭。日本の庭は座って拝見。ほっこり致しました。
One of their spacious garden. So green and soothing.

キリシタン灯籠だそうです。
It is so-called Christian lantern.

女心ゆさゆさくすぐられるお出かけ用の浴衣。
京の町衆の心意気で京都市指定有形文化財を守り、公開しておられるのですね。
Pretty kimono! The company which manages this museum looks so successful to sell high-quality kimono. I want to buy one.

お蔵のショールームには、長襦袢とは思えない粋な反物の数々。
In the former store house, they display undergarments of kimono. The patterns are so gorgeous.
  1. 2015/02/15(日) 18:48:30|
  2. museums and galleries 美術館とギャラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Vegan Cafe CHOICE 優しいお味のCHOICEさんでほっこり。

Guides are always looking for the restaurants which are vegan, offer lactose-free, gluten-free and sugar-free.
This restaurant can offer delicious vegan foods, and can be asked your allergies and favors.
It is near to Sanjo Keihan sta.
常々美味しいヴェジタリアンのお店を見つけたいなあ、と思っていた所、素敵なガイドの先輩がお連れ下さいましたよ。
内装もおしゃれで素敵です!
三条京阪のすぐ東、先日ご訪問したサムライ剣舞さんの近くです。

お肉が食べられない方、乳製品や小麦粉のアレルギーがある方にも食べられる美味しいランチがあるようです。
色々なお客様のニーズにお応えしたいですね。
美味しゅうございました。(ペロリ)
  1. 2015/02/08(日) 08:45:05|
  2. おいしい物 delicious!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

活気溢れる黒門市場!トロとフグの競演!Blowfish and prime tuna at exciting Kuromon Ichiba Market in Osaka.

What an exciting food market! Not only local people but also foreign travelers enjoy Kuromon Ichiba market.
沢山のアジアンのお客様で賑わっています。今日は今注目の黒門市場を見学しました。

Colorful bean-curd food. We cook them in broth. 配列も美しいお揚げ屋さん。

Yeah, prime tuna sushi! You can buy and eat at the table of the shop.
トロの握り寿司を買ってその場で頂きました。お店の方と楽しく会話。フランクで嬉しいですね。

This is Blowfish shop.

Sorry, you are delicious!
前から一度お店先でてっさを頂きたかったんですよ。美味しゅうございました。

"I'm not interested in fresh fish at all. All I want is dried cat food!." my brother-in-law says.
グーさんはカリカリ命のようですね。
  1. 2015/02/06(金) 17:56:48|
  2. 大阪 osaka
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小鹿田焼(おんたやき)」国指定重要無形文化財。作品の素朴な美しさに感激。'Onta-yaki', Pottery-making technique preserved for 400 years in a local town of Hita, Oita Pref.

なんて美しい日本の風景でしょう。ご縁あって小鹿田焼の里にガイドの皆様と訪問する機会がありました。
Beautiful local town of Onta in Hita-town. 'Kara-usu' mills are used to crush the earth near here for pottery making. The people who are engaged in pottery making have been preserving the traditional ways.

唐臼による原土の粉砕:とんとん突いてるのはこの付近で取れた焼き物用の土だそうですよ。
Look at the inside of the mills! Making minute grains of sands.

細かくなった土をこのように泥水にして何度も濾して、、。成形されるまでの作業は女性の手でなされるそうです。大変な労力ですね。
The fine sands are washed and filtered several times and become clays. These jobs before making the figures are done by women. What a hard work,,.

水抜きをして適度に乾燥させて。
Clay are dried like this.

The material are prepared in the work room.

小鹿田焼は400年の間一子相伝で受け継がれてこられたとの事。お父さんの隣に息子さんが座り、お二人ともフレンドリーに対応下さいました。
Their technique has been inherited from 'Father to his Son' only. There are about 10 families keeping their traditional way.

Their elevated kilns are definetely one of the most beautiful sceneries in this town.

高速バスで日田から福岡空港は思ったより便利ですね。帰路抱っこして持ち帰ったコーヒーカップさん。
窯元のご主人の、「そんなたいそうなもんではないですよ。日用品ですから。」と謙遜したお言葉。頭が下がります。
Delicious coffee in my home. I protected these cups and saucers during my air travel. The craftman who made my cups modestly told me Onta-yaki is daily-use tableware and dishes. Thank you, we'll use them every day.


このたびの九州の研修では、お世話頂きました皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
アイリスもいつかスルーで陶芸の好きなお客様をお連れして、ご満足頂きたいです。
  1. 2015/02/01(日) 19:21:21|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)

Author:アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)
Welcome to the blog of Iris, a national-licenced tour guide (English) living and working in Kyoto.
I hope you enjoy my 'World Heritage Sites' visiting, Yoga practicing, Flower arrangements and encountering the animals in this blog.
My self-introduction is in Hi from Iris!.
Have a nice and happy trip to Japan!

こんにちは!アイリスです。
2006年4月より通訳案内士として京都、奈良、大阪など訪日外国人のお客様のご案内をしています。
お仕事中にほのぼの、嬉しく感じた事、下見やプライベートの旅行などで、ステキやわあ、と思った事、癒しの友情出演の動物達など「つれづれに」ブログにご紹介していきますね。

皆様今日も健やかに、安全にお過ごしください!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索