通訳ガイドアイリスのつれづれ日記 Diary of Iris, a tour guide (E/J) in Kyoto

Iris, a Kyotoite and licensed tour guide writes on the charms of Kyoto and Japan. 京都在住の通訳案内士アイリスが京都の魅力や旅の出会いをお伝えします。

銀閣寺 美しい白砂の模様作成中!Ginkakuji Zen temple, the gardeners are making the artistic sand platform.

The Silver Pavilion is famous for its beautiful sand gardens. I happened to see the making of the waves on the sand platforms.

There is the place you can see the replica of the original colors of the Silver pavilion.

It must be so gorgeous to see the ' Silver Sand Sea ' under the full moon without any electric lights.
  1. 2013/02/24(日) 09:12:46|
  2. kyoto city east
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京谷中の旅館澤の屋、クリーンでお家のような温かいおもてなし。The SAWANOYA -INN , very clean and at home atmosphere.


Their room key is so cute. the small temple bell.
念願の澤の屋旅館さんにお泊まりしました。何もかも清潔、控えめな、でも気のつく素敵なおもてなし、ああ、ほんまに東京でこんな優しい時間が持てますとは。
海外からのお客様が熱心にパソコンに日本の印象を書いておられ、楽しくお話し。次回は京都を必ず訪問されたいそう。ええ、是非是非おこしやす。東の都と共に千年の都も旅して真の日本を感じて頂きたいですね。このご縁に京の都の良さをアピールするアイリス。おおきに。


In front of an elementary school in Yanaka during my walking around, I found one of the replica of `Daimyo Clock ', the Samurai lords ' clock.


The ' Anpan- Man welcomes the kindergarten kids.
  1. 2013/02/21(木) 19:53:55|
  2. 東京 tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Arashiyama Monkey Park Iwatayama, tamed Japanese monkeys and friendly staff! 嵐山モンキーパーク!お利口で上品なお猿さん。


Walking up about 20 minutes, and you can have a panoramic view of Kyoto 155m from the sea level. So many small Japanese monkeys welcome you. There is the cage like hut for the visitors who can buy and feed apple, nuts, sweet potatos to them by the nets. Their babies were so lovely.
岩田山モンキーパークに大人になってから初登頂ですよ!程よく上り坂、自然を感じていますと、あれ、お猿さんのグループが木々の上を飛んで行かれました。
頂上には可愛い赤ちゃんとママ等ひなたぼっこ、優しいスタッフさんのご誘導の元、人間の方がネットの小屋に入らせて頂き、おやつを外に差し出すと可愛いお手手で器用にお食べになりました。外国人の入場者の比率は8割ほどと感じましたよ。人気があるんですね。お猿さん、どうぞお健やかに!
  1. 2013/02/21(木) 19:10:19|
  2. 京 Kyoto city west
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏見のランドマーク 松本酒造さんの八角レンガ煙突 The Octagonal Brick Chimney of the Matsumoto Shuzo, one of the famous Sake brewery in Fushimi, Kyoto.


Like a postcard! The preserved wooden building has been used as the SAKE brewery.絵葉書のような美しさですね。お仕事の前にパチリ、です。


The Octagonal brick chimney is the company's symbol, and also the landmark of Fushimi, the sake wine breweries area.近づきますとこんなに大きいのですね。こちらは今は使われていないとの事です。酒蔵さんの心意気が伝わります。

酒蔵の中はピカピカの現代の工場。美味しい伏水とお酒米を使って、桃の滴が作られるのですね。
準備が追いつくかなあ、と思いましたが、少しは喜んで頂けたら嬉しいです。可愛いと言っても、タヌ子さんと同年代の学生さん達。皆さん、日本に勉強にいらして下さってありがとう。世界中でご活躍下さいね。スタッフの皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
  1. 2013/02/14(木) 20:15:26|
  2. 京 Fushimi, Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

嵐山の渡月橋 厳しい寒さですね。


おお、嵐山の朝、渡月橋は路面が凍ってますよ。
いつものお迎えは小走りですが、今朝は忍者さんのすり足、桧の欄干につかまりつつ、行って参ります。
皆様も寒さ厳しいですが、どうぞお身体大切に、暖かくお過ごし下さい。


桟橋のお待合いに入れて頂き、嬉しいわあ。乗船の際は湯たんぽをイケメン船頭さんより持たせて頂き感激のアイリス。星のやサンの素敵なおもてなし、ありがとうございます。
  1. 2013/02/09(土) 08:20:31|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉田神社の節分2013 Happy New Year! The Setsubun Festival in Yoshida Jinja Shinto Shrine near Kyoto University.

2月2日の土曜日に吉田神社の節分に参りましたよ。
'Setsubun' is the celebration of the Chinese lunar calendar's New Year. Isn't it nice that Japanese can celebrate two New Year's holiday?
Yoshida Jinja Shinto Shrine is near Kyoto University, and is only 10-minite-walking from Iris's residence. Look at this serene main sanctuary on top of the holy Mt. Yoshida.

'Oni-san' are the demons, and they have the important role of making the kids screaming and crying because the demons threat them by yelling 'Are there any bad kids?' They are warded off by the messenger of the gods at the end of the religious rite.

'Oni-san' are performed by the dads of the kids nearby an elementary school. Good Job!




Kids are participating in the religious festival.

'Itadaki-masu!(=Thank you for the good meal!)' I had the 'Misoka-soba', the auspicious buckwheat noodles eaten only in the year-end, wishing longevity.
  1. 2013/02/05(火) 19:05:55|
  2. 京 Kyoto city north
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建仁寺① 魅力いっぱい、龍さんのお出迎え!Kenninji Zen Temple, the oldest zen temple in Kyoto.

I was so grateful to have the opportunity to meet the zen priest and hear the explanations on zen philosophy and the temple with my colleages. Thanks to the colleagues who took care of this precious field trip.
実はご縁があり、この月3回目の龍さんとの出会い。でもお仕事の時はそれに全力投球で、研修の機会には又違う趣きがありますね。有志の研修に参加させて下さった優しい先輩、楽しい時を過ごした皆様に感謝いたします。


逆鱗に触れる、の逆さのうろこさんはこの双龍さんには見当たらないようですよ。その昔中国の皇帝さんが、自分の持ち物には5本の指、その他とコリアには4本、日本は3本の指にとお定めになったそうです。この双龍さんは建仁寺建立の800年をお祝いして描かれたもの。現代の作家さんの手により5本の指になったそうです。
The number of the dragon's fingers were decided by the Chinese Emperor in the old times as 5 for the Emperor's belonging, the other and in Korea 4 fingers, and Japan 3 fingers. But this twin dragons were depicted by an a painter today. It was drawn commemorating the 800-year anniversary of the foundation of Kenninji Temple.


The fantastic reproduction of the sliding doors in the main hall. The 50 of them were copied using the state-of-the-art technology of the Canon, the one of the most popular camera company.


The main hall was reroofed and regained its original figure 400 years ago. The white gravel reflect the sunlight into the rooms. Traditional idea is such a nice eco-friendly system.
  1. 2013/02/02(土) 14:34:06|
  2. kyoto city east
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)

Author:アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)
Welcome to the blog of Iris, a national-licenced tour guide (English) living and working in Kyoto.
I hope you enjoy my 'World Heritage Sites' visiting, Yoga practicing, Flower arrangements and encountering the animals in this blog.
My self-introduction is in Hi from Iris!.
I started my student's life in a graduate school from April 2017, majoring interpersonal communication and linguistics. I hope to keep sending useful information for guiding Kyoto with lovely animals.
Have a nice and happy trip to Japan!

こんにちは!アイリスです。
2006年4月より通訳案内士として京都、奈良、大阪など訪日外国人のお客様のご案内をしています。
お仕事中にほのぼの、嬉しく感じた事、下見やプライベートの旅行などで、ステキやわあ、と思った事、癒しの友情出演の動物達など「つれづれに」ブログにご紹介していきますね。
追記:
2017年4月より学生として言語コミュニケーションの勉強をしています。その為お仕事は休業していますが、京都での良いトコ、素敵な出来事をお伝え致しますね。

皆様今日も健やかに、安全にお過ごしください!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索