通訳ガイドアイリスのつれづれ日記 Diary of Iris, a tour guide (E/J) in Kyoto

Iris, a Kyotoite and licensed tour guide writes on the charms of Kyoto and Japan. 京都在住の通訳案内士アイリスが京都の魅力や旅の出会いをお伝えします。

大文字送り火と丸益西村屋さんにて京友禅の体験! 'Daimonji' Bonfires on Five Mountains and hands-on-experience of Kyo Yuzen at 'Marumasu Nishimuraya'

'Daimonji' bonfires are held in the eve of Aug.16th. It is a religious event held on the last day of the Ancestor Worshipping Week called 'Obon'.We see our ancestor's spirits off to the heaven.. We prayed for the peace and happiness of our families and of the world.
お家から出てすぐに大文字の送り火を拝ませて頂けるのは、ほんまにありがたい事です。あちらこちらで皆様手を合わせておられますね。

さて、翌日はお若い友人たぬ子さんと行きたかった「丸益西村屋」さんの京友禅体験工房へ。
二条城からすぐやわあ!
Walking just 10 minutes from Nijo Castle, Marumasu Nishimuraya is very convenient to try and learn Kyo-Yuzen dyeing.

お客様のしておられるのを見るだけでなく、自らで体験してみる事はガイドにとってすごい良い事だなあ、と実感しました。
染料をちょっとつけて、ポンポンとかすれる位までにしてから、布に色を付けていきます。
I tried to dye using the pattern of Iris on a piece of Japanese towel.
I usually see my clients experiencing, but wow, trying by myself is so much fun.

丁寧なご指導で、アートの苦手なアイリスでもこの美しい「アイリス」が形になってきましたよ!

「送り火の後はすっと涼しくなるのが京の気候さ!」と義弟グーグー。
「ほんまに。ふっくら毛皮でよくこの暑さに耐えはりました。」
My bro-in-law must be feeling the beginning of fall.
  1. 2015/08/20(木) 20:08:07|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小鹿田焼(おんたやき)」国指定重要無形文化財。作品の素朴な美しさに感激。'Onta-yaki', Pottery-making technique preserved for 400 years in a local town of Hita, Oita Pref.

なんて美しい日本の風景でしょう。ご縁あって小鹿田焼の里にガイドの皆様と訪問する機会がありました。
Beautiful local town of Onta in Hita-town. 'Kara-usu' mills are used to crush the earth near here for pottery making. The people who are engaged in pottery making have been preserving the traditional ways.

唐臼による原土の粉砕:とんとん突いてるのはこの付近で取れた焼き物用の土だそうですよ。
Look at the inside of the mills! Making minute grains of sands.

細かくなった土をこのように泥水にして何度も濾して、、。成形されるまでの作業は女性の手でなされるそうです。大変な労力ですね。
The fine sands are washed and filtered several times and become clays. These jobs before making the figures are done by women. What a hard work,,.

水抜きをして適度に乾燥させて。
Clay are dried like this.

The material are prepared in the work room.

小鹿田焼は400年の間一子相伝で受け継がれてこられたとの事。お父さんの隣に息子さんが座り、お二人ともフレンドリーに対応下さいました。
Their technique has been inherited from 'Father to his Son' only. There are about 10 families keeping their traditional way.

Their elevated kilns are definetely one of the most beautiful sceneries in this town.

高速バスで日田から福岡空港は思ったより便利ですね。帰路抱っこして持ち帰ったコーヒーカップさん。
窯元のご主人の、「そんなたいそうなもんではないですよ。日用品ですから。」と謙遜したお言葉。頭が下がります。
Delicious coffee in my home. I protected these cups and saucers during my air travel. The craftman who made my cups modestly told me Onta-yaki is daily-use tableware and dishes. Thank you, we'll use them every day.


このたびの九州の研修では、お世話頂きました皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
アイリスもいつかスルーで陶芸の好きなお客様をお連れして、ご満足頂きたいです。
  1. 2015/02/01(日) 19:21:21|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何て美しい和紙の世界、堀木エリ子さんの作品を新ショールームにて拝見。Fabulous 'Washi', Japanese paper works and creation by Ms. Eriko Horiki.


「建築空間に生きる和紙造形の創造」をテーマに活躍しておられる堀木エリ子さんの新ショールームのお披露目に出向かせて頂きました。
その時スピーチされた内容が本当に心に残ります。
あるご商談中に、「和紙には温かな光」、と思っておられたのですが、お相手方の意見を受けとめてLEDの光をOKされたそうです。そうすると大成功、素晴らしい光のシャンデリアになったそうです。
I had a great opportunity to visit Ms. Eriko HORIKI's new Showroom, ARCHITECTURAL SPACE with WASHI, in the city center of Kyoto city. There were the series of beautiful Japanese paper works, and this chandelier was one of it.

自由に創造しようと思っても、いつのまにか固定概念の枠が出来ていた、と感じる事ありますよね。そういった概念を理解しつつ、どこにも属さない新しいアイデアを産み出す、それこそおお、禅の心では!
日本の原風景のような温かい色の灯り、そして時には真っ白に神々しく輝くシャンデリア(ホームページに作品が載っていますよ)。うっとり、素敵です。
益々の素晴らしいご活躍を心よりお祈りいたします。
Her work seems not belonging to any conventional idea, giving traditional Japanese paper new lives with the lights and the materials.
  1. 2014/07/08(火) 07:35:05|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都伝統工芸館、素晴らしい伝統と職人の技!Gallery of Kyoto Traditional Arts and Crafts.


先輩ガイドさんにお勧め頂いていた京都伝統工芸館に恥ずかしながらやっと行って参りましたよ。もっと早く行くべきでした。見るもの全て美しくて、京都からヤングな力で伝統と新しい創作が花開くのを感じました。I should have visited this gallery earlier. Beautiful and energetic traditional artworks by the young craftsmen who were nurtured by the attached school.


何て美しい陶磁器の数々。卒業生の作家さん達と実演ブースでお話し出来るのも嬉しいですね。素敵な女性作家さんとお話しする事が来ました。このお写真は彼女のお作。素晴らしいわあ。どうぞ益々ご活躍下さい。
外国人のお客様で指ぬきを集めておられる方ありますよね。美しい手描きの指ぬきもありましたよ。お写真失念ごめんなさい。Here, the visiters can talk to the craftsmen showing their works directly. I talked to a young artist of pottery. Her pieces are so beautiful.
  1. 2012/07/10(火) 17:05:53|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新春の文楽の思い出 The New Year's auspicious Bunraku puppet plays.

あまりにも可愛いので、お背中をお貸し下さったお馬さんをご紹介!お二人も夫婦だそうですよ。ポコポコの途中でお子さんにもご挨拶しました。ちなみに白い方がママです。

今年のお正月は盛りだくさんでした。
新春の文楽にお誘い頂き、嬉しく参上しましたアイリス。華やかな初春の文楽を観られて本当に良かったです。バックステージでは人形を遣われる先生とそのお弟子さんの技を間近で拝見させて頂き、その繊細さに感嘆致しました。女性のお人形には口元に何がついているのかな、と思っておりましたら、あれまあ、小さな針みたいなのがついているのですね。袖を口元にやったり、ハンカチを口に咥えたり、というのはこの針にひっかけるのだとわかりました。
お写真OKですよ、とおっしゃってくださったのに、都合により無くてごめんなさい。
文楽にお誘い頂き、ご一緒頂きましたガイドの皆様、バックステージにてお教え頂いた先生と奥様、職人さん、救護室の先生に感謝申し上げます。ありがとうございました。

The picture is the horses we rode at the riding club in Jeju. Our instructor didn't speak Both in English and Japanese, but we understood he was saying they were a married couple, and the white one was a wife.

Talking about my first Bunraku puppet plays in this year was just fantastic! After the Bunraku, we were invited to the backstage, and could meet a puppeteer and his staff. It was quite interesting to know how they move the puppets. The most interested for me was the girl puppet's mouth. There is a needle in her mouth. The needle is used for picking up her handkerchief and sleeves when she weeps. What a nice idea! Sorry no picture for this.
  1. 2012/01/13(金) 16:19:38|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生け花には深~い美の法則があるのですね!Silver ratio in Ikebana, Japanese floral art of arranging cut flowers!

20091007202725
拙ブログを見て下さったNPOの方のご依頼で華道の通訳をさせて頂きました。
未生流笹岡様は幸運にも昨年一度会議のプログラムでお訪ねした所。その際はバス2台でちょっと急ぎ気味でしたので、今回時間をかけて次期家元様がご説明をされ、すごく勉強になりました。良い感じの流れだわ~、と思っていた所「華道には素晴らしい「白銀比」があります」、と仰り密かに心を伝う汗。知らない単語です。又数字にも本当に疎いです。(紙の縦10対横7のように黄金比に比べ静かな美しさが生まれる法則だそう)こういう時講演される方の優しいフォローが見に沁みます。
この度は若きヨーロッパのビジネスパーソンズさん達の研修。何という熱意とモチベーションの高さ。率いておられるNPOの皆様も生き生きとしておられます。
ぜひぜひ将来は芸術系に通じる通訳となりたい、と切に願うアイリスです。
今日も出会った皆様に感謝、ありがとうございます。
I had an opportunity to work as an interpreter for NPO which takes a group of young business people in Europe. They were good listeners and were good students trying Ikebana, Japanese traditional flower arrangement. There are the hidden aesthetics of calculating the length of the stems. It is called the silver ratio. It was the first time for me to hear the word. There are a lot more things to study, and I want to be a better translater than I am now.
  1. 2009/10/07(水) 20:27:29|
  2. 伝統の文化芸術 traditional arts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)

Author:アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)
Welcome to the blog of Iris, a national-licenced tour guide (English) living and working in Kyoto.
I hope you enjoy my 'World Heritage Sites' visiting, Yoga practicing, Flower arrangements and encountering the animals in this blog.
My self-introduction is in Hi from Iris!.
Have a nice and happy trip to Japan!

こんにちは!アイリスです。
2006年4月より通訳案内士として京都、奈良、大阪など訪日外国人のお客様のご案内をしています。
お仕事中にほのぼの、嬉しく感じた事、下見やプライベートの旅行などで、ステキやわあ、と思った事、癒しの友情出演の動物達など「つれづれに」ブログにご紹介していきますね。

皆様今日も健やかに、安全にお過ごしください!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索