通訳ガイドアイリスのつれづれ日記 Diary of Iris, a tour guide (E/J) in Kyoto

Iris, a Kyotoite and licensed tour guide writes on the charms of Kyoto and Japan. 京都在住の通訳案内士アイリスが京都の魅力や旅の出会いをお伝えします。

萩の寺 常林寺の写経会 Sutra-copying experience held in Jyorin-ji temple was a great fun!

出町柳駅から地上に出ますと、古くからの由緒のあるお寺さんが並んでいます。

この度、常林院さんの写経会に参加させて頂きました。

I had an opportunity to do the traditional sutra-copying in the temple.

This temple belongs to Jodo-shu sect., and is famous for their 'Hagi', bush clover all over in their garden in autumn.



Wow, look at the ceiling. The paintings of flowers all over the ceiling are so beautiful.

The temple has the history about 320 years, and last year, the repair works were done.

素晴らしい天井絵、しばしうっとり見とれました。アイリスもありますね。

昨年本堂の修築が完成されたそうです。



After the sutra-writing was the break with tea and Japanese moist sweet.



The small 'Tsubo-niwa' square garden.



I thought this was the most fun time chanting the sutra with beating a little Buddhist utensil called 'Mokugyo'.

木魚を叩いてお念仏。何だか新鮮で素敵なひと時でした。

街中に溶け込んでいるけど、素晴らしい歴史と文化を今に伝えるお寺さんと優しいお坊様に触れあって頂きたいわあ。

法然上人さまのご命日にご縁頂き、

本当にありがとうございました。

毎月25日に写経会をされるそうですよ。



「オレ様にはご縁のない世界のようだ。猫の手も借りたいというが、写経は出来ない、、。」

義弟グーグーさん、どうぞ縁側でゆっくりしていてね。



  1. 2017/02/02(木) 21:32:34|
  2. hands-on experience文化体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有斐斎弘道館 溢れる京都文化にうっとり Kodo-kan, feeling the essence of genuine Kyoto Culture.

以前からお客様をお連れした事はあるのですが、自分だけで落ち着いて拝見したいわあ、と思っていた有斐斎弘道館にお邪魔しました。夕暮れ間近、京都御所西のKBS京都さんから入っていくと、急にこんなに美しい異空間が。茶室の露地のように、すーっと心落ち着きますね。
Kodo-kan was the place I always wanted to come back alone and enjoyed their genuine kyoto-style house and garden, and precious treasures. See this beautiful entrance. Looks like you are entering another world.

上がらせて頂いて、立ってお庭をパチリしてしまいました。日本のお庭は座って拝見した方が良いですね。
One of their gardens for tea ceremony, which has a wash basin and stone lanterns.

お茶室では、大切なお客様をもてなす場。
その日もお客様一組一組亭主さんが趣向をこらしたしつらえをされた、とご説明下さいました。
ガイコツさんの掛け軸、すごいですね!
Tea room is the place where hosts consider and entertain their guests. So each time, different scrolls, utensils, tea bowls, kettles, water containers and so on.
Look at this skelton on the hanging scroll! So stylish and smart.

Much imagination of flowing water seeing this fresh water container. So soothing.

Rising-Dragon-patterned kettle and hearth for summer.

I enjoyed basic 'Bon-temae', making tea. Every utensil is inside a small tray, like a little universe.
このたび英語で伝統文化 茶道編」というセミナーに参加させて頂きました。お茶の心を知るために、岡倉天心さんの「Book of Tea」を読み合せておられるとの事。
難しいとの思い込みからご本が本棚のこやしだった事を思い出しました。
着物姿の優しい先生が丁寧に教えて下さり、「読書の秋の誓い」を立てるかアイリス!

Gorgeous sliding screen drawn by great 'Rinpa' painter Hoitsu Sakai, about 250 years ago.
この屏風は酒井抱一さんの作品!
全ての芸術品がさりげなく置いてあり、「写真大丈夫ですよ、ブログもOKです」、と京都人の懐の深さを実感。
縁あって、取り壊されそうになったこの歴史ある素晴らしい館を譲り受け、厳しい中でも運営しておられるそうです。
その素晴らしい心意気に感謝いたします。
館内の見学(千円、茶菓付)も出来ますよ。ぜひ電話の上(075-441-6662)、お出かけ下さい。


Lovely cat among the flowers. Seeing the details are so much fun.

予告編で友情出演。和歌山電鉄貴志駅の新駅長、ニタマ嬢の大胆なあくび姿。
This is the new station master 'Nitama' of Kishi Station, Wakayama Eleltctic Railways.
  1. 2015/08/30(日) 13:17:56|
  2. hands-on experience文化体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)

Author:アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)
Welcome to the blog of Iris, a national-licenced tour guide (English) living and working in Kyoto.
I hope you enjoy my 'World Heritage Sites' visiting, Yoga practicing, Flower arrangements and encountering the animals in this blog.
My self-introduction is in Hi from Iris!.
Have a nice and happy trip to Japan!

こんにちは!アイリスです。
2006年4月より通訳案内士として京都、奈良、大阪など訪日外国人のお客様のご案内をしています。
お仕事中にほのぼの、嬉しく感じた事、下見やプライベートの旅行などで、ステキやわあ、と思った事、癒しの友情出演の動物達など「つれづれに」ブログにご紹介していきますね。

皆様今日も健やかに、安全にお過ごしください!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索