通訳ガイドアイリスのつれづれ日記 Diary of Iris, a tour guide (E/J) in Kyoto

Iris, a Kyotoite and licensed tour guide writes on the charms of Kyoto and Japan. 京都在住の通訳案内士アイリスが京都の魅力や旅の出会いをお伝えします。

クリスマスのサンタさんに日本の文化を発見。Happy Holidays!

クリスマスの季節になると、街中リンリン。日本人はキリスト教の方多いのですか?とお尋ねになりますね。
Japanese Christmas is non-religious. It is the happy time of meeting friends, drinking, having chickens, cakes and ;presents.

昨夜テレビで、小さなお子さんのいるお宅にサンタさんが窓から訪問。さらのブーツを履いておられたようですが、お子さんが「靴のままで上がってはる~。」と土足について言及しておられました。
Last night I saw TV, and it was that Santa Clause visited a little girl's home surprisingly. He was wearing new boots, but the kid was repeatedly saying 'Why is he wearing boots inside of the home?' Her parents were saying it was okay because he came all the way from the cold country to see you. It was special occasion.

そういえば、サンタさんは日本のお宅には靴を脱いでお入りになるのかしら?とか考えると、何だかお客様との楽しいお話しのタネになりそうです。
Yeah, it was surely special occasion. Today almost all non-Japanese tourists know taking off your shoes and go into the rooms with clean soles.

アイリスの今年のクリスマスツリーはこちら。ちっちゃおすけど、クリスマスを過ぎるとお正月のお花入れになって、毎年ご指導頂く先生に感謝です。
My Christmas tree this year is here. Good smells from the cedar branches when I water.



神戸元町のもとずきんちゃんと遭遇。後には兵庫県のハバタンもいらっしゃって。
This is the mascot character of 'Moto-machi' town in Kobe city. Behind is 'Habatan', the mascot of Hyogo Prefecture. They are cheering up and promoting the area.

「アイリスさん、神戸もご案内できるように頑張ってね。」
「おおきに。魅力あふれる街ですね。」


「アイリスさん、宇治にもお連れしてね。僕ぺぺは縣(あがた)神社で待ってます。」
「ああ、一目お会いしたいわあ。」とアヴィニョン特派員からのお写真に感激。
This lovely 'Shiba' dog is called Pepe. He is patroling and protecting holy 'Agata' Jinja shinto shrine in Uji city in Kyoto Prefecture.



「やっぱり奈良のうちらを深めて欲しいわあ。」と奈良の鹿美ちゃん。


色々友情出演頂き、感謝いっぱいです。
お忙しい年末、どうぞご安全にご活躍ください!
  1. 2015/12/25(金) 10:00:06|
  2. the uniqueness of Japan 日本独自の文化を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語力アップで素敵なおもてなしを!For better 'O-mo-te-na-shi (=hospitableness)', we should study English more as a communication tool.

ご無沙汰しました。暑さにはめっぽう弱いアイリス。何とか乗りきっていきたいです。皆様もお水補給して健やかにお過ごし下さい。

先日はお世話になった京都の観光経営に熱い思いの方々の懇親会に参加させて頂きました。企画、お世話頂きました皆様、先生方、ご参加の皆様本当にありがとうございました。

これまた熱いガッツの先生が講演旅行の合間を縫って参加くださり、感激と感謝。思わず日頃の疑問をお尋ねしました。
「おもてなし」と言うけれど、大きく増え続ける訪日観光客の中で、どのように日本の文化やマナーを守っていけるのでしょうか。」
そうすると、出迎える側の「英語力」が大切、と大きなヒントに下さいましたよ。
それは本当にその通りで、ご説明できれば喜んで理解してくださるし、素敵なおもてなしも享受して頂けますね。
みんなで頑張れば近い将来シンガポールのように、ローカル言語と英語が行きかう国になるかも知れませんね!

hospitablenessはセミナーの担任の先生からお教え頂いた言葉です。

The word or slogan, 'O-MO-TE-NA-SHI' is to describe our warm-hearted consideration and acts to make our guests comfortable. Japan has been having a lot more non-Japanese guests from all over the world recent years.
When I met an tourist industry's expert in a party, I asked how we can preserve our unique culture and tradition in the internationalization.
'It is the language.', he said.
Yes, we should speak more in English which is surely an important communication tool, so that people can know and understand each other well.
It seems a little bit hard for the islanders whose country was isolated until only 150 years, but the time might be coming both Japanese and English would be commonly used like Singapore in near future.
修学旅行の学生さんが一生懸命テキストを見ながら外国人の方に話しかけ、素晴らしい触れ合いをしておられますね。眼を見て話しかけ出来る、読まずに話せる英語教育があってほしいなあ、と思っています。

通訳案内士自身もいつも精進が必要で、私メなど、英語ドライバーさんとご一緒の時そそうがないか、ちょっとドキドキしてしまいます。協力してお客様のおもてなし、頑張りたいです。

写真は京都駅でお迎えの際ボーッと新幹線を見ていて、はっと気づいた新幹線さんの車体のおもてなし、皆様こんな細かい所気づいておられましたか?
When I waited my clients at the platform of Kyoto Station, I noticed the beautiful signs of 'Shinkansen', the super express bullet trains. It might be one of the 'Omotenashi'.

こちらは半年分の穢れを払うおもてなし、八坂神社の夏越の払いです。
This is the 'Half-year celebration', called Nagoshi-no-harai'. You can be warded off the half-year evils, and be purified!
皆様お健やかにお過ごし下さい。

「義姉さん、オレはいつも自分で体を舐めて邪気を払っているぜ。」とグーグー。



  1. 2014/07/02(水) 11:51:45|
  2. the uniqueness of Japan 日本独自の文化を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れ、修学旅行の学生さん!

ふぅ!熱波到来、なぜ5月末から~、とちょっとフラッとするアイリス。皆様もどうぞ健やかに水分補給してご活躍下さい。

沢山の修学旅行の生徒さんたちをお迎えしていますね。観光地も市バスの中も活気で溢れています。
皆さん手に「英語で話しかけよう!」的な冊子を持ち、ハロー!と可愛いです。お客様もお好きな方は自ら待っててインタビューにお答えになったり、写真を相互に撮りあったり、微笑ましいです。
個人のお客様で時間があるからこそ楽しめる交流ですね。

修学旅行の皆さんが初めての国際交流を楽しい幸せなとっかかりにして、それからの語学の勉強の元にして伸びて下さると嬉しいです。

京都新聞に修学旅行の始まりが書いてあって、そうなのか!と合点がいって感銘受けました。
若い学生の内から旅行の楽しみを知る事は先進国への仲間入りの考えに通ずる、という趣旨だったと思います。
明治のお侍さん時代が終わった直後にこんな明るい明治政府の施策があったのですね!


東映太秦映画村の女優さんがスタジオ内をご案内されるのに参加。園内がお客様にも良く分かり、暑いのに汗も見せず、さすがプロさんです。ありがとうございました。


  1. 2014/06/01(日) 09:10:38|
  2. the uniqueness of Japan 日本独自の文化を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の文化とマナー② 美しい日本のお札

日本のお札って美しいなあ、と思います。お祝いごとやお釣りの際に新札を用意したり、出来るだけ美しく使おう、次の人の手に渡る事まで考える文化って日本独自かも知れないですね。
外国人の方のお札がポケットからくしゃくしゃと出てくると何だか残念な気持ちですし、違和感あります。うやうやしく受け取るレジの方も少し思われる所があるのではないでしょうか。これからの観光立国の方針でこれまでにない人数が来日されたらもしかしてこの美しいお札の文化が失われてしまうのでは?!
美しいもの、大切なものを尊ぶ気持ちをお伝えしていきたいと思います。
先日良いお伝えの仕方を飲み物をお買いになる時に発見しましてね。日本は自動販売機のパラダイス。そう言えば新札に近い方がお札の投入口に入りやすいかも、です。

お札のくしゃくしゃにはちょっとした思い出が。渡米してまだ少しの17才の時、アメリカのお父さんが、「イズミ、新札はどのようにしとくか知ってるかい?クシャクシャ(そのまま動作)ってして使うのさ!」、、、「あああ、、、!」とカルチャーショックだった若アイリス。お札の紙質によっても使いやすい方法がきっとあるのでしょう。


京都ホテルオークラのロビーは都会のオアシスですね。お客様もしばし喧噪から離れほっこりされ、美しい金魚のアートをご覧になってリフレッシュ!


  1. 2014/05/24(土) 10:04:12|
  2. the uniqueness of Japan 日本独自の文化を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の文化とマナー「玄関で靴を脱ぐ」


"Don't worry." 「何事も中庸が肝心だよ。」 いつも温かく見守って下さる奈良の大仏様のお手々。東大寺ミュージアムにて。 

今年の春は沢山のお客様をお迎えしましたね。
日本の文化を守りつつ外国人の方も日本に住む我々も快適に過ごしていきたいです。
観光立国を目指す日本、通訳案内士になって毎回思う事などを、いつかはまとめたいなあと思っています。
例えばお部屋に上がる為に玄関で靴を脱ぐ時、ホームビジット、お宿、文化体験施設等で働いておられる皆さん、どのようにお迎えしておられますか?
私メ自分なりの説明でお客様の靴下とお迎え入れ先のお部屋をを美しく保ちたいと奮闘しています。

ご意見頂けるようでいたら嬉しいです。公開でもメッセージででもよろしくお願いいたします。

「オレ様はコロコロが気になるぜ。」とgoo義弟。
  1. 2014/05/18(日) 09:13:05|
  2. the uniqueness of Japan 日本独自の文化を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)

Author:アイリス 千代間 泉 CHIYOMA, Izumi (IRIS)
Welcome to the blog of Iris, a national-licenced tour guide (English) living and working in Kyoto.
I hope you enjoy my 'World Heritage Sites' visiting, Yoga practicing, Flower arrangements and encountering the animals in this blog.
My self-introduction is in Hi from Iris!.
I started my student's life in a graduate school from April 2017, majoring interpersonal communication and linguistics. I hope to keep sending useful information for guiding Kyoto with lovely animals.
Have a nice and happy trip to Japan!

こんにちは!アイリスです。
2006年4月より通訳案内士として京都、奈良、大阪など訪日外国人のお客様のご案内をしています。
お仕事中にほのぼの、嬉しく感じた事、下見やプライベートの旅行などで、ステキやわあ、と思った事、癒しの友情出演の動物達など「つれづれに」ブログにご紹介していきますね。
追記:
2017年4月より学生として言語コミュニケーションの勉強をしています。その為お仕事は休業していますが、京都での良いトコ、素敵な出来事をお伝え致しますね。

皆様今日も健やかに、安全にお過ごしください!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索